ルミガンを病院で購入する方法

ルミガンを病院で購入する方法

目元をぱっちりと見せるために重要なのが、まつげの長さです。つけまつ毛を使用したり、メイクを工夫したりすれば、まつげを長く見せることはできます。しかし、自分本来のまつげを太く長くしたいと考える人は少なくありません。そのような人に人気があるのが、まつげを伸ばして増やす効果を期待できる、ルミガンという医薬品です。元々は緑内障の点眼薬として開発されたものです。

ルミガンは市販されておらず、購入する方法は大きく分けて2つあります。ひとつめが、病院で処方してもらうという方法です。ふたつめは、海外から個人的に輸入をする方法です。ここでは、病院で処方してもらう方法について説明します。

病院でルミガンを処方してもらう場合には、眼科・皮膚科・美容クリニックのいずれかを受診するとよいでしょう。

用途が緑内障の治療ということであれば、眼科を受診してください。緑内障の治療にルミガンを用いる場合、健康保険が適用されます。保険適用の場合、ルミガンを購入する費用は300円ほどです。しかし、そこに診察費や検査費などが加算されるので、2,000円ほどの費用がかかると考えておきましょう。

また、眼科で保険適用の処方を受けるためには、緑内障と診断される必要があります。そのため、まつげ育毛剤としては使えません。

ルミガンを購入する目的がまつげ育毛あれば、保険は適用されません。まつげが短かったり細かったりする症状には「睫毛貧毛症」という呼び名がありますが、保険が適用される病気ではないのです。睫毛貧毛症の治療は美容を目的としているため、薄毛の治療などと同じ扱いです。

そのため、自費診療となり、ルミガンを処方してもらう費用もクリニックによって異なります。自費でルミガンを購入する大まかな費用は、5,000円から15,000円ほどです。

また、ルミガンには日本製と海外性があり、クリニックによって扱っている製品に違いがあります。国内の病院で処方してもらえば、基本は日本製のルミガンが手に入るでしょう。海外製のルミガンでも、日本製と同じ用量のビマトプロストが含まれています。どちらが効果が高い、副作用が出やすいといった差はありません。

病院でルミガンを購入すれば、使い方やリスクについてしっかりと説明が受けられます。少し費用は高いですが、使い慣れていないうちは病院で処方してもらうのが安心です。副作用が出ても、医師にすぐ相談できるのがメリットです。ある程度使い方などがわかって慣れてきたら、値段が安い通販に切り替えるとよいでしょう。