ルミガンとグラッシュビスタの違いを比較

NO IMAGE

ルミガンとグラッシュビスタの違いを比較

グラッシュビスタは、まつ毛貧毛症の治療薬です。まつ毛が少ない等の症状を改善します。

一方で、ルミガンは緑内障の治療薬です。アメリカのアラガンという製薬会社が開発しました。

他にも、まつ毛に関する治療薬として、ラティースがあります。ラティースは、医療用のまつげ育毛薬です。

この3つの薬剤は、まつ毛に関する医薬品で、ビマトプロストを主成分としています。

グラッシュビスタは、厚生労働省から認可されており、副作用が発生した場合は、公的な制度を利用できます。

しかし、ラティースは、厚生労働省から認可されていないため、副作用が出た場合は、自己責任となるのです。

厚生労働省が認可しているかどうかは重要なポイントです。

なるべく安心して薬を使用したい人は、日本で認可されている薬剤を使いましょう。

ルミガンとケアプロストの違いを比較

ケアプロストとは、ルミガンのジェネリック医薬品です。

医薬品の分野では、まず新薬が開発されます。ジェネリック医薬品は、新薬開発後に作られた薬剤で、有効成分・品質・効き目・安全性が新薬と同じです。

ジェネリック医薬品の特徴は、新薬と同じ効果にも関わらず、コストがかからない点にあります。

ルミガンとケアプロストの成分を比較すると、その主成分は同じビマトプロストとされています。

つまり、同じ効果が期待できるのです。

ルミガンとケアプロストは、使い方もほとんど同じです。どちらも簡単に使用できるので、使いやすい医薬品とされています。

使い方は、洗顔後に専用のアプリケーターを使ってまつ毛に塗るだけです。まつ毛以外に付いたらふき取りましょう。